• 疲労回復整体の特徴

    疲労回復整体

    日々の生活(活動時間、食事、運動、睡眠)の中での疲労が自分の自然治癒力を上回って溜まった時、痛みや歪みとして症状が現れます。
    各部位で発生した老廃物や疲労物質は血流によって内臓に運ばれます。
    その内臓で処理され新しい血液となって細胞に運ばれるのですが、歪みがあると血液がスムーズに流れていきません。
    そのため歪んだ所はいつまでも修復できません。

    疲労回復整体は、この血液を滞りなく
          循環させることを目的としています。


    血液の循環は心臓から全身にめぐる動脈系と全身から老廃物を内臓に運ぶ静脈系に分かれています。
    まずは骨盤や頸椎などを調整して全体の歪みを取り除きます。
    これで動脈系の循環が改善されます。同時に脳脊髄液の循環も改善されます。
    次に静脈系は筋肉のポンプ作用で循環するので、筋肉をポンプしてあげ静脈系の循環を改善します。

    慢性疲労、むくみ、冷え性、血液循環改善、脳脊髄液の循環改善、各関節可動域の改善など

  • なぜ内蔵の働きを整えることが必要なのか?

    人間は生きていく中で必ず身体が『疲労』をしていきます。

    疲労は、筋肉を使うと筋肉の中で疲労物質というものが産生される為に起こります。

    この疲労、身体の中で留まり続けると大変ですよね。ですのでこの疲労を取り除く必要があります。
    疲労を取り除く為に人は血液を使い、体中の疲労物質やその他栄養素や水分などを循環させています。
    この運ばれた疲労物質を処理しているのが、内臓、その中でも特に「肝臓」・「腎臓」がその働きを担っています。

    肝臓では主に身体の中の毒素を無毒化させる為に、腎臓では身体の中のいらないものを外に出す為のろ過装置という働きを主に行っております。

    しかし、この肝臓や腎臓も永久にフル回転で働き続けることはできません。 肝臓や腎臓が疲労を起こすと身体は肝臓や腎臓が働きやすい環境を作り出そうと身体に歪みを生じさせるのです。

    一度歪むと身体は左右差が生じますのでだんだんと疲労の仕方が身体の左右で変わっていきます。

疲労回復整体が他の整体とは違う3つのポイント

  • 1. 骨盤調整を行い全身の歪みを取り除き、内臓の位置を元に戻します。

    疲労回復整体では、まず骨盤調整をすることで全体の歪みを取り除きます。
    骨盤調整をすることで内臓の位置を元に戻し動脈系の循環を改善させていきます。
    これだけで約60~70%の症状が改善できます。

  • 2. 筋膜を調整することで身体の奥深くにある老廃物を流すことができます。

    まず、静脈には弁がついていて逆流しないようになっています。
    本来であれば静脈の流れも心臓のポンプの力のみで作ることができれば良いのですが静脈の流れまで完全に作ることができません。
    そこで出てくるのが全身の筋肉です。
    筋肉のポンプの力を借りることで人は静脈の中の血液を心臓に戻すことができます。
    この筋肉をポンプして上げる事で静脈系の循環を改善し、体の中の老廃物を流します。
    普通のもみほぐしと似ていますが全く違った技術で施術します。

  • 3. 自分の体を治そうとする力を増大させる状態を作ることができます。

    動脈系と静脈系の調整を繰り返し行うことにより、身体の奥深くに入り込んだ老廃物が時間とともに流れだし、内臓によって浄化されることであなた自身の身体を治そうとする力、すなわち自然治癒力が上がりやすい状態を作ることができます。
    自然治癒力が上がることにり、あなたの様々な身体の症状を改善してくれます。